keep small peace in my heart


<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
spec。
 「瀬文さんがいじめる〜!!!」
この間の当麻のセリフが忘れられないです(笑)。

何気に毎週見ているspec。

あんなに見ないとか言いつつ毎週見ておりますspec。

だんだん楽しみになってきているspec。

今日の新聞のテレビ欄にspecの文字がないことにガッカリした私。

完璧にファンに(笑)

戸田恵梨香は好きではないですが、今回は大目に。
とか言いつつ、前より好きになってます(笑)


脚本面白いと思います。本当に。

まっなんていっても音楽格好イイし。

毎週楽しみにしていたspec。
今週は橋田 壽賀子に変わってるspec。

すがこより当麻が見〜た〜い。


| ドラマ | comments(0) | trackbacks(0) |
Q10
 Q10みなさん見ましたか?

木皿泉が好きな私にとっては、やっとこの彼らの新作で待ち通しかったです。
やっぱり期待を裏切らない。

役者のセリフ一つ一つが良い。
ココロに残る。

流して聞いていても、どこかのセリフが引っかかる。

佐藤健はあまり好きではなかったのに、このドラマを見たら、
中々いいんじゃないかなって思った。

意外に前田敦子のロボット役がとっても似合っていて良かったです。
本当に、ロボットぽかった。かわいいし。

まぁ、木皿作品は脇を固める役者陣のレベルが高いので面白いです。
光石さん出てるし、白石さんも!!

私がイイナって思ったのは、佐藤健の幼馴染というのでしょうか?
再手術が決まって入院したあの男の子。
あの子の演技が気に入りました。
いいな、あの子。

オリジナル脚本っていいものです。
なんてたってオリジナルですから。

言葉の力ってスゴイなって思う。
オリジナル脚本というのは、このドラマのためだけに作られた言葉なのだから。
テレビの製作人も、漫画原作という楽な方に走るんじゃなくて、
もっと脚本家を育てていかなきゃダメだと思う。
漫画は漫画の世界があって、ドラマにはドラマの世界があるのだから。

| ドラマ | comments(0) | trackbacks(0) |
・・・。
 spec。

う・・・ん。

ケイゾクを見てからのspecは辛い。
どうしても比べてしまう。

途中まで、どうなの?って感じで少し退屈でしたね。

戸田 恵梨香の演技は私的に無理ですね。
中谷さんの演技力には勝てないです。

最後の方で、神木君が出てきてちょっと次回どうなるのかな?って感じになったけど。
見ない確率は高いな。

ケイゾクとは別物と思って見ていても、設定が似ているので
比べてしまう。

ケイゾクの劇中の音は良かったけど、specは印象に残らなかったな。
主題歌は気になるかも。

まっやっぱ「ケイゾク」が一番かな。
来週見て、つまらなかったもう見ないでしょう。

私的に、配役が微妙なので本当う・・・んです。

| ドラマ | comments(0) | trackbacks(0) |
再放送。
 「ケイゾク」の再放送を録画して見ていた。
11年経っても、あのドあラマは完璧だった。

脚本、演出、音楽、役者。

11年経っても、格好良かった。

中谷&渡部コンビは最強で、12年経ってもあのコンビが一番好きだ。
演出も格好イイ。

私的に「ケイゾク」はスペシャルも映画もいらなかった。
あれは、ドラマだけで完璧だった。

最終回まであんなに面白いドラマはここ12年にあっただろうか?
最終回に主人公が死ぬなんて見ていた当時はビックリした。
真山とのキスシーンも頭の中に焼きつく位印象が強い。

本物は色あせないのだと思った。
11年も経てば、本来古く感じるものなのに古くなるどころか、
あの時の鮮度はそのままに、熟成しているようにも思う。

それは、今のドラマがあまりにつまらないからだ。
あの時代よりも、明らかにドラマは後退してる。

漫画や本の原作ばかりは、さすがにつまらない。
ちょっと人気が出れば、視聴率のためにすぐドラマの主役に持ってくる製作人。
まともな演技ができない人で溢れ、漫画原作ばかりになり、視聴率は落ちる。
当たり前の現象だ。

今クールは、オリジナル脚本が少し出てきている。
さぁ、どうなる日本のドラマ。
このまま、つまらないままなのか?
それとも、面白くなるのか?

今日はspec を見てみます。加瀬さんの演技が見たいため。
戸田恵梨香は苦手だが、どう化けられるかがあのドラマの鍵になるでしょう。

| ドラマ | comments(0) | trackbacks(0) |
モテキ。


「ほぼ日」でも、マーマーマガジンのブログにも書いてあった

「モテキ」。

昨日、夜にたまたま起きていたので見ました。

面白い!!
もう8話まできているし・・・。

そして金曜のこの放送時間は、忘れそうな時間帯ナンバー1!!

森山未来の演技が良いです。すごい合ってる。(笑)

絶対こんな男の人は嫌だけど、見てる分には楽しい。
漫画の方がもっと面白そうだな。

DVDになったら借りてみよう。
ドラマにフジファブリックを使うとことか、やるな〜テレビ東京!!
これをもっと先に見ておけば良かった。

今クールも何もドラマ見てなかったけど、コレ見ておけば良かった。
深夜ドラマの方が結構面白い。

なんか、このDVDBOXが今結構人気があるらしい。
予約の段階で人気だなんて。
やっぱ見てる人は見てるんだね。

でも、やけにキスシーンが濃厚なのは深夜だから?
てか、またSAKEROCKの人がここにも出てる(笑)。

| ドラマ | comments(0) | trackbacks(0) |
ゲゲゲの女房。


ちょっと証明写真のようになってますが・・・(笑)

星野源。
SAKEROCKのお方です。

朝のゲゲゲの女房でタカシ役で出ていたのですが、
スゴク良かった!!!

先週、まさかのまさか亡くなってしまったのですが、朝ドラで泣きそうになったなんて初です。
本当タカシ役合ってた。

あのにっこり笑う感じが良かったです。

ゲゲゲの女房は本当朝の楽しみです。
朝ドラなんて今までめったに見なかったけど、今回は毎回見てます。
スゴク脚本もしっかりしてる。

「すいか」にも共通していることだけれども、1人の主人公の気持ちだけで
ドラマが進行されるんじゃなくて、出ているみんなにスポットをあてるのが
私はスキです。

生活は一人でしているんじゃなくて、そこには色んな人が関わって生活は成り立っているって
コトが良く分かるドラマなんじゃないかな。 
そこに視聴者は、人間の温かみを受け取るんじゃないだろうか。

| ドラマ | comments(0) | trackbacks(0) |
ケイゾク2
 あっ。どうしても書きたかったこと・・・。

それは「ケイゾク2」が放映されること。

一瞬喜んだのもつかの間・・・
キャストがダメ。

中谷さんには敵わないよ・・・戸田恵梨香じゃ。
加瀬クンも渡部さんには敵わないよ。

脇を固める役者も微妙・・・。
神木君?えっ?福田沙紀?っで城田優って・・・。
完璧無理でしょ。
ちょっと役者が若くないかい?演技も大丈夫なの?

今まで見てきたドラマの中でもダントツ1位のケイゾクをこのキャストで続編してほしくなかったな。
私みたいに10年以上たってもケイゾクファンな人って多いと思うから。

まあ見てから判断しようと思いますが・・・。
私の苦手な戸田恵梨香がケイゾク2の主役の時点で見る気が・・・。
加瀬クンもなぜにボーズ?モードな加瀬君なら見る気アップしたのにな・・・。

ケイゾクは越えられないよ。キャストも音も映像も完璧ってやっぱ奇跡だもん。
って愚痴を言いたくなるほど、このキャストに違和感が・・・。

| ドラマ | comments(0) | trackbacks(0) |
すいか
評価:
木皿泉
バップ
¥ 12,314
(2003-12-21)

 すいか。

リアルタイムで見ていた高校生のとき、
なんでこのドラマを見続けていたんだろう。

周りの友達は誰も見ていなかった。

いつも、ココロに響く言葉がこのドラマにはある。
それは年齢を重ねるたびに響く言葉が違う。

教授の言葉に泣いた高校3年のときのあの夏。
リアルタイムで見ていて本当に良かった。

その後、働きだしてからスゴク悩む時期があった。
その時、一本の電話が鳴った・・・。

「あんたの大好きな「すいか」がいま再放送やってるよ!!」

と母親からの電話だった。

あんまりにも良いタイミングで再放送があってすぐビデオを買いに行ったのを
今でも覚えてる。

毎日毎日Gコードで予約して毎日毎日楽しみに見ていた。

その時にどれだけ救われたのだろうか。

今も、ふと見たくなる。

その感情は私がもっと歳をとっても変わらないだろうな。

大事なコトは本当はとてもシンプルなんだよっと
いつも、そっと語りかけてくれる。

そんなドラマだな。

| ドラマ | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1 |